トップページへ ニュース トピックス 超立体POP ディスプレイ 商品企画 各種デザイン インフォメーション ちょっとひと休み  
 
インターシティーの代名詞 実際の作業の流れや他社との比較はこちらへ 安価で丈夫、その究極の等身大とは?


超立体POPの詳細説明
傾斜を巧みに利用。
今にも飛び出してきそうな大迫力!


中央奥にはダミージャケットを差し込み、自立しています。
フォーメーションバトルが売りのゲームの特色を強く表現しました。

三層に配列した5台の車は、
先頭だけ湾曲にしてより迫力を演出。
地面も傾斜が付いて独特の臨場感。
路面もコピーも扇形にぼけ、走行感を出しました。
上から見たところ。
全体も三角、車の配列も三角、横から見ても三角…。
美しいとされるディスプレイの基本、
三角形を巧みに表現しました。


横から見たところ。
ダミーパッケージをスタンドで支えて
自立させています。
道路もこんなに傾斜しています。
真横から見た左側の夜景です。
景色も流れも後ろへ行くほど狭まり、
遠近感や迫力を増しています。

4 5